トランジションタウン神戸(SDGs企画も)

トランジションタウン活動という言葉をあなたは知っていますか?
2005年にイギリスから緩やかに始まった【持続可能な社会を目指す市民】が自ら取り組む緩やかな【革命】のことです。
日本では100を超えるグループがトランジションタウンの立ち上げを宣言しており、神戸を中心とした阪神間にも、2022年現在、10ほどのチームが立ち上がって、地域で、あるいは自分たちの得意な分野で、持続可能な社会、安心と信頼でつながる仲間づくりが行われています。 それを私たちは【トランジション活動】と呼び、緩やかなネットワークでつながっているのです。

アースデイ神戸での取り組み内容

アースデイ神戸2022では「持続可能な社会、仲間づくりって実際はどんな人がどんなことしているの?」ということを、来場してくださった方に知ってもらうとともに、実際に活動をしている人や興味がある人との出会いや新しいつながりの場を、一緒に創っていきたいと考えています。
ブースにはお気軽に立ち寄って、いろいろな人、もの、出来事との出会いを楽しみましょう。

トランジション仲間の活動マップ作り

今年のアースデイ神戸では、阪神間にあるトランジションタウン活動広く知ってもらうと共に、親和性の高い取り組みをしているチームをマップにします。
みなさんの中にも『こんな活動をしている人を知っている!』『こんな取り組みをしているところがあるよ』という情報をお持ちの人、活動をしている人は、ぜひトランジションタウンのブースに情報をお持ち寄りください。

トランジション座談会

コロナ渦を経て心境に変化を生じたみなさんとのつながりを大切に推進している活動のお話
興味のある方、これから何かを始めてみたい方とお話できることを楽しみにしています!
途中参加歓迎。途中退出もOKです。

11:00~ 垂水を中心としたローカルな取り組みのお話
     (街中で鶏って飼えるん?飼えるんです!)
13:00~ ざっくばらんに話そう
     (トランジションに関わるよもやま話)
15:00~ トランジションタウン活動って?
     (持続可能な社会づくりの実験中のお話)

アースデイ神戸×トランジションタウン×SDGs

アースデイ神戸では、「環境」「国際協力」「食育」「子育て」「スローライフ」「健康」など、様々なテーマで出店している団体、お店が並んだり、ワークショップを開催したりしています。
その中には、既にSDGsに含まれている、よりよい世界を目指して活動、販売などをしている出店ブース、ワークショップがたくさんあります。
また、リユース食器を使ったり、エコバッグをもってきたりあど、アースデイ神戸に参加しているみなさんも、実はもう2030年の目標達成に向けて、小さな1歩を踏み出しています。
そんな出店者、参加者のみなさんが、日々、ちょっと生活を変えていくことを知り、小さな一歩を踏み出すことで、より豊かな地球、社会を創り出していく力になればとトランジションタウン神戸は考えています。

【参考資料】
国際連合広報センター 2030アジェンダ
外務省 JAPAN SDGs Action Platform

宣言!あなたのSDGs
「エコバッグを使っています」「ご飯は残さず食べています」「公園のゴミ拾いをしています」など、今、社会や環境を変えていく、あなたの行動を紹介するコーナー

SDGsたんけんスタンプラリー

SDGsに関連する活動や商品を販売している出店者さんのブースで、『どんな課題があってどんな活動をしているのか』などを知ってスタンプをゲット!
スタンプが集まったらいいことあるかも!?
※オンラインスタンプラリーです。参加にはスマートフォンが必要です。詳しくはこちら

・さらに宣言!今日から始めるSDGs
ほかの人が実践していること、たんけんしたお店から興味を持ったことがあれば、『今日から私も〇〇をやってみる!』を宣言しましょう。 みんなが作る未来への小さな一歩をひとつのボードにします。

その他、ソーラーフードクッカーを使った果物のコンポート作り・フェアトレードコーヒーの試飲、ペットボトルのリサイクルワークショップなど、盛りだくさんでアースデイ神戸2022の2日間、たくさんの人との出会いを楽しみます。

アースデイ神戸2022 トランジションタウン神戸は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています